• Sachiko

腕と一緒に肩が上がってしまいます

最終更新: 3日前

お答えする前に・・・肩ってどこでしょう?


いくつか違う答えが出てくるでしょうね。だって、身体の構造としては肩なんてありませんから。

あなたが「どの肩」を上げたくないと思っているのか・・?

もしそれが一番端の方の、腕がついている角の部分だとしたら、そこは上げてくださいね!


試しに、誰かに肩の角のところを上から押さえてもらって、そのまま腕を前でも横でも上げてみましょう。


・・・上がりませんよね! 

その”肩”は上げないと、腕も上がりません。骨のしくみがそうなっています。

下げておこうとがんばるほど余計な力が入って、逆に腕と一緒に「本当に上げたくない肩」が上がってしまいます。

上げたくないのはもっと首の付け根の方、凝る方の肩です。

「肩が上がっている=首が短くなっている」ですよね(^^)b


端の方の”肩”は上げてください。これは必要で自然な動きです。腕の動きに合わせて「ついていっていいよ」って思ってみましょう。

そのとき肩甲骨は腕と一緒に動いて、内側の首に近い側が下がります。これなら首は短くなりませんね♪


身体のしくみに合った動きをすれば、余分ながんばりも減ってスムースに自然な動きができます。


<お勧めレッスン> https://reserva.be/atdanceyoyaku

・骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com