腕と一緒に肩が上がってしまいます

「肩が上がっているよ! もっと下げて。」

そう言われて一生懸命に下げようとしているけど、どうにもうまくいかない・・・。

でも、下げようとするほど肩は上がってしまうでしょう。


あなたが上げたくない「肩」はどこですか?

もしそれが一番端の方の、腕がついている角の部分だとしたら、そこは上げてくださいね!

その「肩」は上げないと、腕も上がりません。骨のしくみがそうなっています。

下げておこうとがんばるほど余計な力が入って、逆に腕と一緒に「本当に上げたくない肩」が上がってしまいます。


上げたくないのはもっと首の付け根の方、凝る方の肩です。

「肩が上がっている=首が短くなっている」という意味です。首が緊張していて肩甲骨が引っ張られてしまうと、首が短くなるように“肩が上がり”ます。


まず、腕は鎖骨から始まっていることを思い出しましょう。腕は前側についています。

あとは、肩や肩甲骨のことは忘れて、指先(特にくすり指)が行きたい場所に動いていってください。そうすると、肩甲骨は自然に腕の動きについていって首に近い側が下がります。

身体のしくみがわかると動きはもっと自然になります。肩を下げるのではなく、上がらないような自然な動きに変えることが一番の解決方法です。