レッスンMenu & システム

レッスンはスタジオとオンライン両方で行なっており、このほかに不定期のワークショップがあります。来年には指導者向けのコースも開講予定。全国への出張レッスン&ワークショップもできます。お気軽にご相談ください。

最新のワークショップ情報などはNewsのページをどうぞ。下のカレンダーもご参照ください。

バランスと動きやすさのカギは "頭"

■踊るカラダの使い方

やりにくかったあの動き、身体のしくみに合っていなかったのかも?

いつもと違うやり方で試してみましょう。

 

「こんな動き方したことなかった」「これでいいの・・?」

​意外な発見や、慣れない動きに戸惑うこともあるかもしれません。

「うまくできるかどうか」よりも、今までの身体に合わない使い方をやめて、新しいプランを好奇心もって体験してみると、今まで気づいていなかった自分のクセや思い込みがわかります。​

​気づきは良い変化への第一歩!

今までとは違う姿勢や動き、考え方を新しい習慣にするために、最初は10回くらい続けて受講されることをお勧めします。

●グループレッスン(90分) 3,500円 

●個人レッスン(50分) 5,000円

初めての人は5回チケット(3ヶ月有効)や、グループレッスン受け放題3ヶ月パック(3ヶ月27,000円)などがお勧めです。

グループレッスンと個人レッスンがありますが、どちらもお一人お一人の興味(悩み)に沿ってレッスンしていきます。

今までムダな力を入れていたことに気がつきました。どこに力が入っているんだろうではなく、どこが楽なんだろうと思うところに発見がありました。(T.K.さん、ベリーダンス)

もう感無量です。こんなに数ヶ月苦労してきたことが、ここだったのか!という発見が多かったです。全てに置いてのルーツになるポイントをしっかり教えていただきました。これから先のダンスに必ず活かせると思います。(M.S.さん、アルゼンチンタンゴ)

  • 自然なバランスと全体がつながった動き、カギは”頭”にあり!

  • 自分の身体や動きを骨でイメージできるようになろう

  • 思った動きができる! やりたい動きに合った指示を出せるようになろう

  • ​動きはいつも身体全体のつながりで考えてみよう

 

骨の身体がどんなか知ってる?

■骨から学ぶ! 

 ダンスに役立つ身体のしくみ

骨で動きを考えるためには、身体の曲がり角(関節)がどこにあるのか、どっちにどのくらい動けるのか、より正確にイメージできるかがカギです。

まずあなたの脳内の身体イメージ地図を、より詳しく正確で、新しいものにアップデートしましょう。動きやすさが驚くほど変わりますよ!

自分の身体で見て触れて動いて体験しながら学ぶ、わかりやすくて実践に役立つ身体のレッスンです。ダンス初心者から指導者まで、どなたにもお勧めです。

●1回ずつの受講(150分) 8,000円

●年間コース(全12回・10月スタート) 86,000円

12のテーマ(部分)に分けて月1回のペースで学びます。ぜひ1年間通して全体を受けてください。​コース受講には特典があります。

骨の成り立ち、構造、頭の位置、脊椎のつながり、肩甲骨の役割、膝の伸ばし方・・・などなど、目からウロコの情報ばかりで素晴らしいと思いました。本当に勉強になりました。(M.O.さん、ヒップホップ、ジャズダンス)

アプローチの仕方が今までの解剖学と違って、指導の幅が広がった&未経験者にもわかりやすいと思いました。(麻生 節子さん、ヨガ・ピラティス)

股関節の位置をもっと外側だと思っていましたが、もっと内側で、大腰筋も内側についていることを知ったら軸が自然と中心に感じられて、膝が自然とくっつく気がしました。

膝の曲がるところがお皿の下と知ったら、曲げた時に安定して大地を感じられました。(H.Nさん、ベリーダンス)

  • 身体の曲がり角(関節)の場所を、動きを通して身体でわかります

  • 動きの順番と方向がわかると、全体がつながって使えるようになります

  • 「肩を下げる」「骨盤を立てる」​などの本当の意味がわかると、​レッスンでも先生の指示を理解しやすくなります

 

■スパイラル・コンディショニング

ゆっくりと静かに、ていねいに動き続けることで筋肉の緊張をほどき、全体を整えていくコンディショニング・エクササイズです。

アレクサンダー・テクニークの原理を使いながら、骨のつながりとスパイラルの流れに沿って、身体にとってより自然に動けるように組み立てています。

上半身中心の立って行うクラスと、座って行う骨盤や脚を中心としたクラスがあり、オンラインで行なっています。

 ●1レッスン(60分) 1,800円​

 

■DSM​(ダブルスパイラル・ムーヴメント)

すべての動きはカーブとスパイラルの組み合わせです。身体を直線的に扱うと硬くなります。

身体全体をつらぬくカーブと、全体をつなげるダブルスパイラルの流れを、体験的に学びましょう。

スパイラルの流れに沿った動きは自然でスムースです。スパイラルは動きに瞬発力をうみます。スパイラルは臨機応変な動きを可能にします。​バレエで使うアンデオールもスパイラルですね。

DSMは、レッスンの中でも必要に応じてご紹介しますが、概論マスターは不定期のワークショップとして開催しています。

 

お問い合わせ

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

返信は「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

​お電話での問い合わせは → こちらから

​ちょっとした日々の気づきをつぶやいています。

本サイトのメルマガ登録、お問い合わせ、また予約フォーム等に入力される氏名、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報は、AT Danceからの情報の配信、予約管理、レッスン時の連絡・問い合わせに利用されます。

以外の目的で利用されることは一切ございません。​

© 2023 レイチェル・ウィルキンス Wix.comを使って作成されました