思ったように身体が動いたら

ダンスはもっと楽しいですよね!

もっと力を抜いて踊れたら

もっと可動域が広かったら

もっと思ったように身体が動いたら

痛みなく踊ることができたら

でも私の身体では無理かしら・・

その悩み 

解決できます☆

硬い、動きにくい、痛みが起きる・・

​それは身体のせいではありません

身体が硬い、力が入って動きにくい、がんばって動くと痛みが起きてしまう・・。これはあなたの身体のせいではありません。

あなたの身体が思ったように動けないのは、そういう動き方しか知らなかったから。今まで知っていた使い方が身体のしくみと合わなかったり、思い込みかんちがいがあって、本来できるはずの動きにブレーキをかけてできなくしていただけなのです

​たとえばこんなことをしていないでしょうか。

・良い姿勢のかんちがい

”良い姿勢”といったらどんなイメージでしょうか。多くの人が”背すじピーン!”で胸を上げてひざはしっかり伸ばした姿勢を思い浮かべるでしょう。

でもこれ、身体には不自然な動きにくい姿勢なのです。伸びやかに大きく身体を使うダンスには不向きですよ。

・ブレないように止めてしまう

軸の安定はダンスに大切ですね。

ブレないように締めると動きが硬くなってしまう、でも力を抜くとグラグラ不安定・・・。両立がうまくできずに悩んでいるのではありませんか。

実は、ブレないようにと揺れを止めるから軸がブレてしまうのです。

良い姿勢に見えるけど・・

・しっかり意識して動かす

ちゃんとできているか、どう動いているか、しっかり意識しながら動かす。

あたりまえにやっていると思うのですが、実はこれが大きなブレーキになります。意識した部分には力が入って動きが硬くなってしまい、思った動きができません。​無理に動き続けると身体を痛める原因にもなります。

・“脚のつけ根”は股関節?

「脚(もも)のつけ根から動かす、回す」などと言いますが、その”脚のつけ根”はどこでしょうか?

動きは関節で起きています。だから正式には”股関節”ですが、股関節がどこにあるかあなたは知りません。知らないのが普通です。

でもあなたが”つけ根”と思っている場所と股関節がズレていたら・・?

​動きにくいし「つけ根がかたい」って感じますよね。もちろん身体を痛める原因にもなります。

知らなかっただけ、かんちがいしていただけなのに、自分の可能性をあきらめたり、無理して身体を痛めてしまったらもったいないですよね!

動きやすさの秘密は「骨」にあり!

動きや姿勢を"骨"で考えてみませんか。

あなたを形作っているのも、動く場所(関節)を作るのも、重さを支えてバランスを取っているのも、全部骨がやっていることです。

筋肉の仕事は骨を動かすこと。支えるために筋肉を使ってしまったら、動きがかたくなるのもあたりまえですよね。

動く=筋肉を使うことですが、問題はつい使い過ぎてしまうこと。その点、骨ベースで考えると身体は必要な力で動き始めます。足りないときにプラスすればいいのです。

たとえば、”腰を回す”を”坐骨が円を描く”に変えると、使う力や動きのなめらかさが違いますよね。

骨で踊るためには、まず自分の身体を知ること。骨でイメージできるようになるといいですね。

特に”頭”は、骨の自然なバランスと脊椎のしなやかな動きに欠かせない、脊椎動物にとって大事なパーツ。そこに着目しているのが、世界の芸術系大学でも学ばれている<アレクサンダー・テクニーク>です。​

踊る身体のコツ&骨がわかる!

アレクサンダー・テクニークで、身体のしくみに合った、”あなたの身体”を活かす使い方を見つけましょう!

踊りのテクニックやノウハウを教えるものではありません。身体づくりのエクササイズでもありません。

あなたが踊るときに知らずにやっていた(あるいは良いことと思ってがんばってきた!)「身体に合わない使い方」「思い込みやかんちがい」に気づき、それを手放し、本来持っている自然なバランスや動きを取り戻すレッスンです。

「長年、正しいと思って使っていたところが違っていたり、できなかったことの改善方法が目からウロコでした。省エネで踊れるようになりそうです。」

(石橋 正美さん、ベリーダンス)

「身体の曲がる箇所の意識を変えただけで、身体が軽く動かしやすくなりました。特に腰、肩周りが良かったです。」

(H.O.さん、バレエ)

「ラクに動くと気持ちも明るくなる → もっと動きが省エネになる。嬉しいループができるよ!と伝えたいです。」

(大久保由佳さん、民族舞踊)

「頭を動かす時の動かし方、意識・認識が変わるとスムーズに動かせました! 思っている部位が違った!! 身体を活かす使い方、思ったことと違う動かし方をきき、目からウロコがいっぱいでした。」

(Y.I.さん、フラ)

身体に合った使い方がわかると、踊ることももっと楽しくなります。なによりも、身体を痛める心配がなくなりますね。

ムダな力が抜けた楽できれいな立ち姿、しなやかで安定感ある動きを取り戻すために、身体と動きの可能性を開くレッスンを始めましょう!

​あなたの可能性がキラメク、レッスンは3タイプ

動きを通して使い方を学ぶ ⇨ 踊るカラダの使い方

​身体のしくみを動いて学ぶ ⇨ ダンスに役立つ身体のしくみ

がんばらないエクササイズ ⇨ スパイラル・コンディショニング

初めての人はHP割引20%オフで体験できます。合言葉「kirameku」を書いてご予約ください。

■アレクサンダー・テクニーク■

​AT Danceのレッスンは、アレクサンダー・テクニークがベースになっています。

不要な緊張を手放すことであなたの動き(活動)の質を高めていく、頭と脊椎の関係に着目したセルフワークで、オーストラリア出身の俳優、F.M.アレクサンダー(1869〜1965)が自身の声のトラブルをきっかけに発見した「自分をより良く使うための技術」です。

アレクサンダー・テクニークは、ダンスに限らず、あなたがやりたいすべてのことに応用できる、動きの「基本原理」でもあります。

海外ではジュリアード音楽院をはじめ多くの芸術系学校でカリキュラムとして採用されていて、音楽家・ダンサー・俳優らのパフォーマンスの質の向上やヘルスケアに役立っており、実際にさまざまな分野の著名人がアレクサンダー・テクニークを学び、自身の活動を広げてきました。

マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ)、キアヌ・リーブス(俳優)、クリストファー・リーブ(俳優)、ロビン・ウィリアムス(俳優)、鈴木重子(歌手)、ボール・マッカートニー(ミュージシャン)、ジョン・デューイ(教育学者)、ニコラス・ティンバーゲン(動物行動学者)、ジョージ・バーナード・ショウ(劇作家)・・・ほか多数

なにより素晴らしいことは、”自分で自分を調整できるようになる”ということです。

最初のうちは教師が繊細な手や言葉でサポートしますが、レッスンを続けることであなたは自分の習慣に自分で気づいて自分でやめることができるようになります。

アレクサンダー・テクニークは治療行為ではありませんが、慢性的な腰痛の改善効果についての検証が、英国のメディカルジャーナル誌で報告されています。医師の証明があれば保険が適用される国もあります。

心身の使い方を変える学びによって、多くの症状が改善されています。

(​腰痛改善についての詳しくはこちらのページもご覧ください。)

 

お問い合わせ

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

返信は「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

​お電話での問い合わせは → こちらから

​ちょっとした日々の気づきをつぶやいています。

本サイトのメルマガ登録、お問い合わせ、また予約フォーム等に入力される氏名、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報は、AT Danceからの情報の配信、予約管理、レッスン時の連絡・問い合わせに利用されます。

以外の目的で利用されることは一切ございません。​

© 2023 レイチェル・ウィルキンス Wix.comを使って作成されました