受講者の皆さんの声

いかに普段のとき体について考えずに動いていたか。かといってダンスのときはいかに余計に動かそうとして考えているか、発見できて良かったですし面白かったです。

R.Y.さん、ベリーダンス

”自分は身体がかたいから”、”これができないから”、”身体のここがこうなっているから”という思い込みや意識の向けすぎが動きに悪影響を与えていることがわかりました。

多くのジャンルの動きや悩みを共有することで気づきが深まっていくのが面白かったです。参加できて良かったです。

灰方 淑恵さん、バレエ、ピラティス

ダンスを教える人は学んでほしい。何年もかかってもわからなかったことが、今日1日でひらめいた。もっと早く教えて欲しかった。

宮崎 京子さん、アルゼンチンタンゴ

力は抜けない、抜くためにまた力を入れようとしていること、無意識に頑張ることをしていたことに気づきました。”ちゃんとしよう””ちゃんとしているのに””やっているのに!”と、無意識のうちに見えない誰かに答えようとしている自分がいて、それも選択しているならば、選択しない自分もいると気づいたことは、自分を楽にしてくれました。

A.F.さん、ダンサーのセラピスト

もう、全てが役立ちました!! とにかく、パフォーマンスする人全てに!故障する前に知ってほしい。ダンスなどを教える人全てが、こういう学びを先に必須とされる世の中になってほしい。

冨田美穂さん、バレエ

自分が普段いかにギュッとしていたかを感じました。

私のカラダはもっと動けるようになるかもしれないという希望が見えました。長い間で染み付いた意識を、少しずつ剥がしていきたいです。

佐々木 理恵さん、コンテンポラリー

楽に動くヒントがいっぱいありました。首と頭の境目を知ること、役に立ちそうです。動きが軽く、簡単になりました。

一方的な教えでなく、個人の気づきや感覚を大事にして、会話のように教えてくれるのも良かったです。

J.M.さん、アルゼンチンタンゴ

大変勉強になりました! 骨それぞれのはたらきが良くわかり、そのはたらきを意識するとスムーズに痛くならずに動かせると、深く理解できました。

言葉の使い方、表現のしかたを少し変えるだけで、こんなにも楽に動かせるようになるのかと驚きました。

N.A.さん、体操指導

​楽に動くと気持ちも明るくなる → もっと動きが省エネになる。嬉しいループができるよ!と伝えたいです。 

大久保由佳さん、民族舞踊