バランスで後ろに倒れます

ルルヴェバランスやターンのときに後ろに傾く人は多いですね。なぜでしょう?

普通に立っているときに、そういう立ち方をしていないでしょうか。

これはあなたが思っている「良い姿勢」のイメージに原因があります。


子供の頃から良い姿勢として刷り込まれている“気をつけ”。

これは、身体にとっては不自然でバランスの悪い姿勢です。

胸を広くする、アゴを引く、背筋を伸ばす、肩を引く、付け根を立てる、ひざを伸ばす。

やってみるとわかると思いますが、身体を後ろに引っ張り上げるので背面に力が入りますよね。この緊張がバランスを後ろに偏らせます。

本当に自然に立っているとき、身体はどこもがんばる必要はありません。骨のバランスで立っているからです。

骨のバランスで立つためには、一番上にある頭がサポートの上にのっていることです。頭がバランスからはずれると、筋肉ががんばらなくてはいけません。その緊張はバランスを崩すだけでなく、動きも硬くします。


あなたの中にある骨のバランスを見つけることから始めましょう。そうすると、どんな姿勢になってもバランスが取りやすくなります。

お問い合わせ

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

返信は「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

​お電話での問い合わせは → こちらから

​ちょっとした日々の気づきをつぶやいています。

本サイトのメルマガ登録、お問い合わせ、また予約フォーム等に入力される氏名、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報は、AT Danceからの情報の配信、予約管理、レッスン時の連絡・問い合わせに利用されます。

以外の目的で利用されることは一切ございません。​

© 2023 レイチェル・ウィルキンス Wix.comを使って作成されました