O脚が気になります

足を閉じて立ったとき、ひざの間にすき間ができてしまうO脚。見た目だけでなく、ひざを痛めないためにも直せるなら直したい!と考える人は多いのではと思います。


O脚にはいろいろなタイプがあります。

男性に多いのは前側が開いてしまうオープンなO脚。(ガニ股)

女性は内股でひざを伸ばすことで起きるO脚。

脚をまっすぐにすることや、足の方で何かをやっていること(例えば土踏まずを上げようと頑張る)、頭など上体でやっている何かの結果としてO脚になっていることもあります。


原因によって改善のプロセスが違いますが、いずれにしても身体の使い方の習慣が作っているということです。だからそこを変えることで改善の可能性は十分あります。

レッスンでは使い方を拝見しながら、その人に合った改善のプランをお伝えします。


ダンサーはどうしても「ひざをしっかり伸ばしたい」と思って後ろに押しがちですが、これはO脚の原因になります。

O脚にならないひざの伸ばし方はアンデオールです。アウトスパイラルの方向性で長くなっていく使い方をぜひ身につけてください。