AT Dance 踊る身体の骨<コツ>を知る!

Alexander Technique for Dance

​私の身体って こんなに自由に動けるんだ!

いつもありがとうございます。

レッスンはスタジオとzoomオンラインの両方で開催しています。スタジオに通えない遠方にお住いの方は、今後もオンラインで受講可能です。また、夜間の個人レッスンもオンラインなら可能です。

スタジオで受講される方は、熱や咳、だるさなどの症状がある場合、また周りにそうした方がいらっしゃる場合は、受講をお控えくださいますようお願いいたします。また、レッスン前の手洗いやうがいなどもお願いします。

レッスン中は換気に留意するほか、手洗いやアルコール消毒、マスク着用などの対応を行なっています。

身体を痛めずダンスを続けたいあなたへ

今やあらゆる世代がダンスを楽しんでいます。50代、60代以上で踊るのもあたり前になりました。レッスンを重ねて発表会やイベントで踊ったり、競技会に出場したり・・・本当にダンスって楽しいですよね!

 

でも、一方で身体の不安も感じているのではないでしょうか。

踊っていると忘れちゃうけど、レッスンの後はひざや腰に痛みが起きることがある。

思うように動かない身体がじれったい。

​練習しているのに、ちっとも上手くならない。

私は何歳まで踊っていられるかしら。このままでは身体を痛めてしまうんじゃないかしら・・・

もしこうした不安や悩みを抱えているなら、ご自身の使い方を見直しましょう。

動きにくさや痛みを感じているのは、あなたの身体のせい(年齢や骨格や柔軟性など)ではありませんよ! 今身につけている身体の使い方が合っていないだけなのです。

大丈夫! あなたの身体はもっと楽にスムースに、痛みなく動きますよ。

◆力でがんばる動きから、自然でのびやかな動きへ

AT Dance(Alexander Technique for Dance)では、すべてのダンサーが身体を痛めることなく長くダンスを続けられることを願い、アレクサンダー・テクニークをベースに、私さちこの長年のダンス経験もプラスして、心身の動きのシステムと身体の構造に合った、踊るための自分の使い方のレッスンをおこなっています。

不調を身体や環境のせいにせず、誰かが治してくれるのを待つのでもなく、自分で自分の身体をより良く使うための、自己調整のための学びです。

 

・すでに痛みや故障を抱えている方 

 → 痛みや故障の根本原因を見直すことで、痛みを起こしにくい使い方が身につきます。

  故障と上手に付き合いながら、悪化させずにダンスを続ける可能性を見つけましょう。

  将来的に、痛みや故障の改善の可能性も十分あります。

  

・痛みはないけれど、さまざまな不調を感じている方 

 → 不調を起こしにくい使い方に変えることで、全体の改善につながります。

  より自然なバランスと機能的な身体を取り戻すことで、もっと踊りやすくなります。

・今はまだ痛みも不調もない方 

 → 良い使い方を身につけることで、将来の故障の可能性を減らします。

  より良い使い方は、あなたのパフォーマンスを豊かにします。

 

・痛みを抱える生徒がいる指導者 

 → 生徒により適切なアドバイスをし、生徒の身体を痛めない教え方がわかります。

 

私自身、還暦を目の前にしながら身体は若い頃よりずっと自由だし、股関節に大腿骨頭壊死*があって痛みが起きることはありますが、普通に踊れます。どう自分を使ったら痛くならないかがわかっているので不安はありません。(*美空ひばりさんや坂口憲二さんと同じ病気。まだ悪化を防げている。)

 

もう一度言います。

あなたの身体は本当はもっと楽にスムースに動きます。痛みなく踊ることができます。

あなたがあなたらしく踊るための、自分の身体と仲良くしながら、身体を痛めることなく長く踊り続けるためのレッスンです。

今までどうやっても変わらなかった・・・。そういうあなたこそ、まず一度レッスンにお越しください。未来の自分を決めるのはあなた自身です。

世の中が元気なシニアダンサーの笑顔でいっぱいになりますように☆

 ➡️ メルマガに登録する

 ➡️ ダンスの悩みQ&A

​ ➡︎ 勘違いチェック

 ➡︎ AT Dance YouTubeチャンネル

◇ ◆ ◇

<全国出張レッスン承ります>

​あなたのお部屋やスタジオでの出張レッスンも承ります。(オンラインOK)

全国への出張レッスンについても可能です。時間・内容などはお気軽にご相談ください。

​ → お問い合わせはこちら

AT Dance 白井さちこ

ATI(AlexanderTequnique International)認定教師

NPO法人芸術家のくすり箱 プロフェッショナル会員

JATS 日本アレクサンダー・テクニーク教師協会会員

<プロフィール>

高校卒業後にジャズダンスを習い始めるも、たび重なる自身の故障経験から「踊るための身体作り・使い方」を学び始め、アレクサンダー・テクニークと出会う。BODYCHANCEで、ジェレミー・チャンス、芹沢紀美子らに師事し、トミー・トンプソン、サラ・バーカー、キャシー・マデン、グレッグ・ホールダウェイ他多数のマスター教師から学び、2014年に教師資格を取得。2015年よりATI認定教師。

2014年よりAT Danceをスタート。現在はダンサーを主な対象にアレクサンダー・テクニークをベースにした各種レッスン&ワークショップを開催し、多くの指導者からも好評を得ている。

学生時代は演劇部に所属。ダンスはヒップホップからエアロビクス、バレエまで。前職は映像プロデューサーとして、ピラティスの日本語版ビデオを初めて商品化したほか、バレエ&ヨガ&フィットネスのDVDを多数手がけた。

​ジャズダンスは今でも現役! 左脚に大腿骨頭壊死があるが、アレクサンダー・テクニークを使いながら発症させることなく踊り続けている。

  • SachikoのFacebook
  • MAIL

さちこのFacebook(友達申請はメッセージを!)

 

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com