思ったように身体が動いたら

ダンスはもっと楽しいですよね!

もっと力を抜いて踊れたら
もっと可動域が広かったら
思ったように身体が動いたら
痛みなく踊ることができたら

でも私の身体では無理かしら・・

その悩み 

解決できます☆

DSC03968のコピー.jpg

硬い、動きにくい、痛みが起きる・・

​それは身体のせいではありません

身体が硬い、力が入って動きにくい、左右差も気になるし、軸が不安定でバランスやターンが苦手、がんばって動くと痛みが起きてしまう・・。

​練習してもなかなかうまくできない、どう気をつけたらいいかわからない。

誰もが密かに悩みを抱えていますね。

大人の身体は、なかなか思ったように動いてくれません。

何年もレッスンしているし、ストレッチやコアトレーニングもがんばっている、マッサージや整体で身体のケアもしているのに、いったい何が足りないの? どうしたら力が抜けるの? 私の身体では無理なの? 年齢的にもう無理なの?

いいえ、あなたの身体のせいでも、努力が足りないからでもありません

いつの間にか身につけた習慣、思い込みや勘ちがい。つまり、ただの”クセ”。

これが動きにくさの正体です。

あなたの身体は、本当はもっと楽にスムースに動くようにできています。

ただ、思い込みや習慣で本来できるはずの動きにブレーキをかけて、動きにくくしていただけなのです。

​たとえば、こんなことやっていませんか。

・背すじを伸ばして良い姿勢?

”良い姿勢”といったらどんなイメージでしょうか。多くの人が”背すじピーン!”で胸を上げてひざはしっかり伸ばした姿勢を思い浮かべるでしょう。

でもこれ、身体には不自然な動きにくい姿勢なのです。伸びやかに大きく身体を使うダンスには不向きですよ。

楽できれいで動きやすい姿勢に”ピーン”はないのです。

・ブレないように止めていませんか

軸の安定はダンスに欠かせませんが、ブレないように締めると動きが硬くなってしまうし、力を抜くとグラグラ不安定になります。どうしたらいいのでしょう。

実は、ブレないようにと揺れを止めると逆に軸がブレてしまうのです。

バランスは微細に揺れる動きの中でとっているのですよ。

良い姿勢に見えるけど・・

スクリーンショット 2021-03-13 18.39.15.png

・やってはいけないことを考えていませんか

ここは動かさない! これはやったらダメ! 

その考えがあなたの身体と動きを縛り、身動きをとれなくしています。「やってはいけない」ブレーキだけがあって、「何をしたらいいか」の指示がないから。

ブレーキをかけたまま動いたら、動きにくいだけでなく身体を痛めてしまいます。

本当にやりたいことは何か。まずそちらを考えてみませんか。やりたいことがわかると、必要なことも見えてきます。

・自分の身体を正しくイメージできますか

たとえば「脚(もも)のつけ根から動かす、回す」というとき、その”脚のつけ根”が自分の身体のどこにあるか知っていますか?

”脚のつけ根=股関節”のことですが、名前は知っていても身体のどこにあるかは大半の人が誤解しています。​だから思った動きができないし、「硬い、可動域が狭い」と感じます。身体を痛める原因にもなりますね。

身体が正しくイメージできると、動きやすさも格段にアップしますよ。

 動きやすさの秘密は「骨」にあり!

skeleton-2504343_1280.jpg

​力が抜けたスムースな動きのために、身体を痛めることなくダンスを続けるために、誰もがすぐできることがあります。

「骨の身体を知り、骨で動きを考える」

美しくて身体にも良い姿勢や自然なバランスは、骨のアラインメント(配列)が整っていることがポイントです。

身体の動きやすさや可動域の広さも、骨(関節)がしくみどおりに使えるかで決まります。

つながった動きは、骨の身体全体の連動ですね。

骨の身体で動きをイメージできるようになると、筋肉が余分ながんばりをしなくてすみます。

筋肉を正しく無理なく効率的に使えると、ケガや故障も防ぐことができますよ。

今よりあと一歩ダンス上達のために、身体に無理なくもっともっとダンスを楽しむためにもーー

骨で動きを考え、骨で踊りましょう!

 

踊る身体の骨&コツを手に入れる!

そのために手に入れて欲しいのが

・自分の骨の身体の正しい地図

・全体がつながって動く使い方

・思ったように動くための身体に届く指示の出し方

”身体”という踊る道具のメカニズムを理解し、より良く使うための”骨&コツ”=アレクサンダー・テクニークです。

代わりに手放すのは、身につけてきた要らない習慣、思い込みや勘ちがいでかけてきた自分へのブレーキです。骨の身体を自由にしてあげましょう!

使っているのは”あなたの身体”。良くも悪くも、どう使うかはあなた次第です。AT Danceのレッスンで、あなたも身体と動きの可能性を開きませんか!

アレクサンダー・テクニークって何?

​→ レッスンを見てみる

IMG_9134.JPG
バレエシューズ

ダンスを心から楽しむために

60代 70代でも元気に笑顔で踊り続けるために

自分の身体と仲良くなるレッスン、始めましょう。

M.T.さん、ベリーダンス

カラダはもっとラクになれるのだ、ということを学びました。骨ってこういうふうになってるんですねー、だからこう動くんですねー、じゃあイメージしてやってみようー、とするとあら不思議、何となくカラダが動いていきます。

カラダの構造や動かし方を知ると、もっとシンプルにラクに動けるようになるのではと思えてきました。

K.Mさん、フラダンス

上達がただ早くなるんじゃなくって、上達が超高速になってます!

多分、5年ぐらいかけて猛練習の末に徐々に体得していくか、またはそれでも体得できないような体の使い方を教えていただいていると思っています。

S.F.さん、舞踏・ダンス

知識やいろんな人からの、良かれと思ったアドバイスによって、むしろ自分を固定し、縛っていることに気がつきました。

自分の身体を信じ、優しく扱うことで、もっと可能性が広がるのだとわかりとても感動しました。

S.Kさん、バレエ

自分の感覚と結果がイコールでないこと、実際にレッスンを受けるとすごく理解できました。

特にルルベのしやすさや安定感はすごく変わって感動です。

ストレッチや筋トレなんかの時も頭を意識して自分の状態を観察すると、いつもよりも身体が柔らかくなった様に感じます。

本当に身体ってすごいし面白いですね。

どんなジャンルの方もご参加いただけます

タンゴダンスカップル
若いバレリーナ
紫のパンツで踊ります
ベリーダンサー
ヨガストレッチ

​AT Dance

Alexander Technique for Dance

すべてのダンサーが自分の身体の可能性を開き、自分らしくのびのびとダンスを楽しめるように!

身体を痛めることなく長くダンスを続けられるように!

AT Dance(Alexander Technique for Dance)では、アレクサンダー・テクニークをベースに、動きのシステムに合った身体の使い方、身体の構造と動くしくみなどのレッスンをおこなっています。

​レッスンは東京を中心に全国出張OK。オンラインでも受けられます。

DSC03957_cut.jpeg