前肩が気になります

肩が前に入ってしまうのが気になって、後ろに引いている人を多く見かけます。


まず、肩(腕の一番上端)の部分は前側に丸みを持っていることを知っておきましょう。

鎖骨に触れると胸の中心から外に行くにしたがって、最初はやや後ろへ、そこからもう一度前に向かっていることがわかりますよね。腕は前側にあります。

丸みを無くそうとすることは不自然です。

胸を広くすることと、腕の(肩の)丸みをなくすことは違います。

ただ後ろに引いてしまうと、背中で肩甲骨が寄ってしまい、腕の動きにブレーキをかけます。腰も反りやすいですね。


前肩と言われるときは

・胸を縮めている(もしくは胸を後ろに引いている)

・肩甲骨が前にせり出している(もしくは肘を後ろに引いている)


胸を後ろに引いて縮めるのは、自分を後ろに隠しておきたいときです。何か不安があったり、自信がなかったりするとき、人は前側を閉じてガードします。

これは性格とも関係した長年の習慣となっていることが多いです。

まず安全・安心をたしかめてから、頭からはじめて少し時間をかけてていねいに緊張を手放していきましょう。


”肩をすくめる”ように肩甲骨が後ろから前にかぶさるように上がっていたり、肘を後ろに引くことで肩の方が前になっている場合もあります。

首の後ろが縮んでいるので、楽な首を思い出して頭がふわっと胴体から離れるように自分に指示を出すことから始めましょう。

軸が元のバランスに戻ると、腕や肩甲骨も元の場所に戻っていきます。


■お勧めレッスン https://reserva.be/atdanceyoyaku

・踊るカラダの使い方

・骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com