ダンス指導に役立つ​身体のしくみ

動きの見方伝え方を学ぶ

AT Dance Pro

踊るのがうまい先生から

​教えるのが上手な指導者へ!

踊るのが上手なだけの先生はもう卒業しませんか。 

あなたの仕事は「教えること」「生徒を育てること」です。

・踊るのは得意だけど、教えるための技術をしっかり身につけたい

・ダンサーとして身体の使い方をさらに磨きたい

・故障することなく長く活動を続けたい

・生徒と良いコミュニケーションを築きたい

 

AT Danceでは、ダンス指導者をサポートするレッスンを行なっています。

生徒にどう説明してもうまく伝わらない、上達がみられないのはなぜ?

自分が教わってきたように伝えているけど、実はよくわかっていないかも・・

どうしてできないのか、どこに問題があるのかわからない。

踊るのは得意だけど、本当は教えることに自信がない。

アレクサンダー・テクニークという動きの原理・システムがわかっていると、これらの悩みも具体的に解決できます。指導者としてのあなた自身のあり方もレベルアップできます。生徒一人ひとりの可能性を引き出す​、「できた!」が増えるレッスンになります。

・改善につながる "YES"のプランを見つけましょう。

できていないことを注意するだけでは、生徒は何をしたらいいかわかりません。”〇〇しちゃダメ”ではなく”〇〇したらどうかな”、YESのプランを見つけましょう。

・もっとシンプルに、やることを減らしましょう。

あれこれたくさん言うと、生徒はもっと必死になって力みます。「力を抜いて」と言うのではなく、力でがんばらないための”省エネ”プランを見つけましょう。これはアレクサンダー・テクニークの得意技です。

・身体のしくみを正しく知りましょう。

身体のことを正しく知らずに、「肩甲骨から腕」「骨盤を立てて」などと言っていませんか? 感覚ではなく具体的な裏付けをもって動きや姿勢を教えたいですね。あなたの身体感覚で説明されても生徒にはわかりません。

身体に合った使い方を知りましょう。

痛みや故障を起こしにくい、自然な使い方です。これはあなたと生徒の身体を故障から守ります。

・教えるあなた自身の動きの質を磨きましょう。

見本となるあなた自身の動きの質は大切です。あなたのクセを生徒もマネします。良いものは残し、不要ながんばりグセは改善しましょう。

・生徒が安心してチャレンジできる環境をつくりましょう。

”安心”は生徒の力みを減らします。失敗への不安で、生徒を緊張させるような態度や教え方は役に立ちません。あなた自身の態度、あり方の質も大事な環境の一つです。

身体を学ぶと 教え方に自信がつく!

 

腕や脚の付け根がどこか知っていますか? 知識を自分の動きに反映できているでしょうか。

「胸を開く」「骨盤を閉じる」などのあいまいな感覚表現を使っていませんか? 

身体は踊るための大切な道具、指導者なら身体を学ぶことは何より大事なことです。あなた自身が身体を痛めているなら、なおさらです。

まず「勘違いチェック」をやってみましょう。

身体がわかると、ダンスが変わります。教え方も変わります!

”できた!”が増える教え方を見つけましょう

 

アレクサンダー・テクニーク​のレッスンでは、「できた!」「楽に動ける!」「踊ることが楽しい♪」の声がたくさん聞こえます。あなたのダンスレッスンはどうでしょうか?

「一生懸命教えているのにうまく伝わらない、生徒の動きが変わらない・・」

「自分がダンスで困った経験が少ないので、生徒がなぜできないかわからない・・」

生徒の動きの質、身体全体の協調を観察しましょう。

「〇〇しないで!」という否定形ではなく、「〇〇してみましょう」というYESの提案をしましょう。

生徒が安心して練習できるように、あなた自身がリラックスしましょう。

見本となるあなた自身がより良い質で動くことも大切です。生徒はあなたの習慣をマネします。

レッスンでご自身の動きを見直すとともに、観察する目と伝える言葉を養います。あなたが教える様子をセッティングして、教えているときのあり方の質や言葉遣い、生徒への触れ方などもみることができます。

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★ 

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com