スクリーンショット 2020-04-15 2.31.29.png

教えることが上手で、身体の悩みも相談できる頼れる先生に

ダンスが上手な先生は山ほどいるし、振り付けが素晴らしい先生もたくさんいます。

では、教えることが上手な先生はどうでしょうか。あなたは指導者として自信を持って教えていますか?

教えるとき「もっとこうしたらいいのに」と思っても、生徒にうまく伝わらなくて困った経験は、教える人なら何度もあるでしょう。
「肩を下げて」「骨盤を立てて」「引き上げて」「つけ根から回して」
よく使う言葉も、生徒はどうしたらいいのか理解できていないことが多いです。あなた自身も生徒だった頃、よくわからないまま必死にマネした覚えがあると思います。

身体は人それぞれ違うし、今は大人になってから始めた人やシニア層の生徒も増えているので、よりわかりやすい伝え方、身体に無理のない安全な方法を選ぶ必要があります。

踊るための道具=身体についての知識・より正しい感覚認識、メンタルと身体や動きの関係性など、ダンステクニックを支える心身の使い方を理解していることが欠かせません。いろいろな”常識”も時代とともに変わっています。

”教えることが上手で、身体の悩みも相談できる頼れる先生”

これをあなたの強みにしませんか!

AT Danceでは、生徒の成長をサポートし、身体を痛めない安全なレッスンができる指導者を育てるために、2つの指導者向けコースを順次スタートします。

アレクサンダー・テクニークをダンスに活かし、身体のしくみと使い方の両面から教えることができる、身体と動きのプロを育成するコースです。

あなたの今までの価値観を大きく変えることになるかもしれません。でも、必ず良い方向に変わります。生徒も、あなた自身も!

大人のバレエクラス

​すべての人にダンスは開かれています!

​<身体のしくみ受講者のコメント>

「自分の中で、自分の身体を具体的に考える事ができるようになったので、生徒さんに伝えやすくなりました。また受け取った生徒さんも納得して動ける様になり、変化が顕著になりました。 

(M.T.さん、バレエ教師)

<こんな先生になりませんか!>

骨の身体のしくみを正しく認識し、動きを具体的に説明できる

自然のバランスと協調システムについて理解し、伝えられる

・ダメ出しではなく、改善につながる "YES"のプランを提案できる

・部分ではなく、動きを全体のつながりで見ることができる

・形や結果よりも、動きの質やプロセスを大事にしている
・見本となる自分自身が良いクオリティで動くことができる

・生徒が安心してチャレンジできる環境・場をつくっている

■ATD 骨&コツ指導者

​正しい身体のマッピング(身体認識・イメージ地図)をもつ、”身体がわかる指導者”をめざします。

生徒だけでなくあなたの身体もケガや故障から守り、そして教えることへの自信にもつながります。

骨を中心とした身体の構造や動きのメカニズムを詳しく学ぶほか、頭と脊椎に始まる全体の協調システムや、DSM(ダブル・スパイラル・ムーヴメント)による動きのつながりも学んでいきます。

​まず、ご自身が自分の身体を正しく認識し、動けるようになりましょう。Level2以降は、より詳しく身体を学ぶとともに、生徒の動きを見て身体イメージのズレに気づき、改善のプランを提案できることをめざします。

 Level 1  主な関節のしくみ。協調システムがわかる。

 Level 2  全体のマッピングがわかる。DSMの理解。

 Level 3  動きを見て改善のプランを伝えられる

それぞれのレベルごとに修了認定を行います。レベル3修了が認定されると、「踊る身体の骨&コツレッスン」の指導ができます。

2021年10月〜 Level1 第1期モニター募集☆

日時:10月〜2022年3月 6ヶ月・全12回

 第1水曜 11:15〜13:45 新宿マイスタジオ

 第2水曜 11:30〜12:30 zoom

受講料: 68,000円(第1期モニター価格 49,800円)

定員: 4名(指導者 or 指導者をめざす人)

<各回のテーマと主な内容>
10月6日・身体の概論、身体の協調システムについて
11月3日・頭&脊椎。立つ&バランス
12月1日・呼吸と体幹、骨盤、胴体と軸の安定
2022年1月5日・脚の3つの関節
2月2日・脚全体の連動
3月2日・腕全体

スタジオは実践学習、オンラインは復習・質問の時間となります。

■AT Dance Pro認定指導者

身体を動かすのは脳からの指示、考えていることが動きになります。(考えていないことはできません!)

教えるときには、身体や動きとメンタル・思考との関係性も理解していると、よりわかりやすく効果的な伝え方ができますね。身体に合った機能的な動きにつながる”良い指示”=YESプランです。

AT Dance Pro認定指導者コースでは、アレクサンダー・テクニークをベースに、

・プライマリーコントロールによる心身の協調システム

・メンタルと身体の関係性

・習慣による誤った使い方をさせない良い指示の出し方

・生徒に触れるときのタッチ技術

・生徒を緊張させない指導者としてのあり方

・生徒とのコミュニケーション

などを身につけていきます。生徒の成長をサポートできる、教え方が上手な先生になりましょう。

AT Dance Pro認定資格者コースとしては2022年秋以降のスタートになると思いますが、今からでも「踊るカラダの使い方」のレッスンを受けていただくことをお勧めします。

■身体と動きの基本法則■

・一番上で頭がバランスするなら、全体がバランスする

・縮んでいると動きは硬いし、広がりがあれば動きやすい

・気合やかまえ無しに動いてみるのが”吉”

・たとえ腕の動きでも、全体が動いている

・感覚が正しいとは限らないし、感覚は変化する

・新しい学びより、慣れた感覚の方がパワフルです

・どんな自分でありたいかはいつでも選べます

・結果を心配するより、プロセスを大切にしよう