腰を回すなどの動きで腰が痛くなります

腰を回す動き、あるいは前後左右に動かしたり、8の字を描くこともありますね。


さて、このときにあなたが実際に「動かそう」としているのは何でしょうか?

腰回しだから、やっぱり腰なのでしょうか?

ヒップロールとも言うからお尻でしょうか?

いざ質問されると答えにつまりますよね。まず、考えてみましょう☆

場所で言えば腰だしお尻だし、前側はお腹でもありますね。

でも 動きは骨で考えたいのです。そこにあるのは・・・骨盤ですね。

とはいえ 骨盤そのものを動かそうとすると、たぶん腰のあたりに痛みがきます。骨盤自体は動けないものだから。

ではどこが動いたらいいのでしょうか? これは骨盤がどことつながっているか?です。

骨盤の動き=脊椎の動き

特に腰椎全体は骨盤の動きに関わっています。だから腰椎の一番上、おへそより少し上のちょうど胃の裏側あたりの高さに支点があります。そこから”ぶら下がっている骨盤”が動く、そんなふうにイメージしてみましょう。


では回すのはどこでしょうか。

下の端は坐骨ですね。腰を回すときに、骨盤の一番下にある坐骨が円を描くと思ってみたらいかがでしょうか。(前後左右、8の字も同じ)


そのためには、楽な首とふわっと高い頭が欠かせません。頭が胴体に近づいていたら、脊椎は詰まってしまうからです。そういう意味では「頭からぶら下がっている」と考えるのもいいですよ。


もう一つ、股関節が楽であることも大切です。股関節、ひざ、足首が動けるだけのゆるみがあることを思い出しましょう。


ワンポイントレッスンを動画にしています。こちらもご覧ください。



お勧めレッスン https://reserva.be/atdanceyoyaku

・踊るカラダの使い方

・骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com