top of page

プリエが硬くなるのは 膝だけ考えているから

“プリエ”はひざを曲げる動き

どんなダンスでも使う大事な動きです


プリエが硬い

太ももに力が入りやすい

お尻が出ちゃう

 

そういう人は ひざを曲げることに気を取られて

大事なことを忘れているのかもしれません。


「もっとひざを柔らかく使って。しっかり曲げて!」

なんて言われて ひざのことばかり考えているとこうした悩みは解決できません

まず骨で動きを考えてみましょう

 

膝関節は 大腿骨と脛骨をつなぐ関節ですよね

その大腿骨の反対側には何がありますか?

脛骨の反対側には?

 

そう この2つの骨の逆側には

股関節と足関節(足首)があります

つまり 股関節・膝関節・足首は連動しています

 


脚の3つの関節

 

立ってひざを曲げるときには

股関節と足首も一緒に曲がる必要があるのね

足首曲げないようにしてプリエ

股関節曲げないようにしてプリエ

・・・できないでしょ!

 

プリエが硬くて・・っていう人は

どっちか(もしくは両方!)を止めてます

 

意識して止めてるんじゃないですよ

止めるつもりは全然ないんだけど

自分では必要だと思ってやっていることが

結果的に動きにブレーキかけてます

 

床を押していたり

お尻を締めていたり

お腹に力が入っていたり

真っ直ぐな姿勢を保とうとしていたり・・

 

やっていること 考えていることは人それぞれだけど

どれもなんか”良さそう”なことでしょ

そこに罠があるんですよ!!!


プリエは、股関節とひざ、足首が同じタイミングで曲がる動きです

まず 頭がいつでもふわっと高くて”全体が動ける私”

脊椎のバランスシステムを邪魔しない使い方が大事ですよ


そして 上体がほんのわずかに前に傾くようなイメージで行なうといいですね

イスに、限りなく浅く腰掛けるようなイメージです


それから、ギリギリまでかかとは床にあることも大事です

かかとが床から早く離れてしまうと 足首が十分に曲がれません

ドゥミプリエをていねいにどうぞ

bottom of page