お腹が抜けてしまいます

「お腹が抜けてるよ。もっと引き上げて!」

先生から注意されてグッとお腹を引っ込めたものの、苦しくてまた抜けちゃったり、締めると身体に力が入ってしまったり・・・


お腹が抜けていると言われるとき

・お腹が落ちている

・腰が反っている

2つのパターンがあります。


お腹が落ちているときは、全体がつぶれた姿勢になっています。力を抜きすぎて張りがなくなっているか、頭を下方向に押し付けている状態です。頭は前の下に落ちて首の後ろが縮み

、ねこ背に見えます。

つい引っ張り上げたくなりますが、余計な力が入りますね。逆に腰が反ってしまうことにもなります。

楽な首を思い出し、縮めることをやめて頭が胴体から離れていくように自分に指示を出します。頭(頭蓋骨)に脊椎がついていって長さを取り戻すと、腹圧が高まります。


腰が反っているときは、良い姿勢をつくろうとしています。頭は後ろに引き上げていて、胸を上げよう(広げよう)としています。その分背中が落ちて縮み、やや出っ尻になって腰が反っています。だからお腹が抜けます。

そのままお腹を締めると余計に苦しくなります。

楽な首を思い出し、首の後ろが長くなりながら頭が前に上に胴体から離れるように自分に指示を出します。背中が本来の長さ広さに戻るとお腹は閉じてきます。


お腹だけで考えると苦しいだけでうまくいきません。全体がつながっています。

アレクサンダー・テクニークでは、いつも一番上にある頭から動きが起きて、脊椎全体を本来の自然な状態に戻します。自然な状態はお腹は抜けていません。


■お勧めレッスン https://reserva.be/atdanceyoyaku

・踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com