■F.M.アレクサンダー

F.M.アレクサンダー(1869〜1965 オーストラリア)は、元はシェイクスピアの朗唱などを得意とする舞台俳優でした。

あるとき「舞台で声が出にくくなる」というトラブルに見舞われます。医師は休養を勧めますが、休んでも思うような改善ができません。「これは自分のやっていることの中に原因があるに違いない」と考え、鏡で朗唱するときの自分を観察しました。

原因は、「声を出そう」とするときに無意識にやってしまう、首を縮め頭を後ろに落として自分全体を縮める習慣でした。しかもそれは、朗唱と結びつく彼の考えや身体全体の使い方とも関係していたのです。

こうした無意識の習慣を“やめる“ために、彼が自身の観察と実験を重ねる中で発見した心身の使い方の原理が、「アレクサンダー・テクニーク」として教えられています。

F.M.アレクサンダー

首を縮める習慣はほとんどの人がやっているもので、日常も含めたすべての行動に影響し、心身にさまざまなトラブルを引き起こしていました。

彼はこのテクニークを人々に教え、自分の使い方を見直すことで全体の協調と機能が良くなった多くの人が、さまざまな心身の不調を改善していきました。

その効果は多くの医師が認めていたので、たくさんの患者が彼の元に送られ、より良い心身の使い方を取り戻し症状を改善しました。​(治療行為ではありません)

「これを知れば身体はもっと楽に動く! 身体のしくみ7つのこと」(PDF)差し上げます。

※ドメイン指定やURLを含む本文の拒否など、メール受信の設定がある場合は解除をお願いします。

メルマガは「 sachi@atdance-lesson.com」から送られます。

★読んで役立つ! AT_Danceメルマガ★

copyright by AT_Dance 2017 / © Wix.com